勉強した事を書いていこうと思いましたが、まとめて文書にする気力が出なかったので覚え書きとして箇条書きで載せていきます。
・ビタミンB1が欠乏すると、さまざまな精神障害をおこすことも知られている。
・急性欠乏の場合は、物忘れがひどく、場所も時間もわからなくなり、作り話をするようになる、などの症状をあらわしてくる。

・グルタミン酸(旨み成分で有名)は神経伝達物質であり、かつ毒物処理の主役。


・神経細胞(ニューロン)では嫌気性解糖のみの代謝は想定されていない。
つまり、ニューロンはB1不足があると致命的な状況に陥る。
しかし、米を食べている日本人は全員B1不足しがちでB1不足でニューロンの活性が低下している人は多い。

・アルコールを大量に連日飲むと、アルコールの代謝にB1、ナイアシンが浪費されるため、重篤なB1不足になりウェルニッケ脳症を生じる。 

・ニューロンは乳酸ができないのでがんはできない。

・グリア細胞は,分裂,増殖能力を持っており、乳酸も発生する。
悪性の脳腫瘍とはこのグリア細胞ががん化したもの。 
↓続いてビタミンB1の多く含まれる食べ物について